ABOUT

理念

Mission


For the better world ——より良い未来の為に

If you love your children, save the good world for them.

『より良い未来の為に』このありきたりな旗を我々は船の先端にぶっ刺しています。

我々の目標は、大きな売り上げを上げることでも上場を果たすことでもありません。全てはより良い世界をつくる為です。創業精神を忘れた企業はただの止まらぬ木馬です。

我々はこの創業精神を忘れることなく受け継いで参ります。

所長プロフィール


姓名増岡 宏哉
経歴1994年12月14日大阪生まれ。
2010年4月~2013年3月 高槻高校
2013年4月~2018年3月 大阪大学基礎工学部システム科学科機械科学コース(学士)
2018年4月~2020年3月 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻(修士)
2020年4月~現在 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻(博士)在籍中
所属機関・部署東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻 脳機能学分野
受賞歴、奨学金制度採択等日本学術振興会 特別研究員-DC1
WINGS-LST 東京大学生命科学技術国際卓越大学院(2期生)採択
UTokyo 1000k 予選,本選優勝(テーマ部門),他.
大阪大学「第18回課外活動総長賞特別賞」
増岡宏哉(代表)、他6名、科学技術振興機構 START技術シーズ選抜育成プロジェクト[IoT分野] 配分総額715万円
科学技術振興機構H29年度知財活用支援事業 大学等知財基盤強化支援(権利化支援)
ホームページURLhttps://hiroya-masuoka.com/
研究分野知能ロボティクス、神経科学一般
研究キーワード数理工学,理論神経科学、ニューラルネットワーク、ロボット工学、神経細胞
表(口頭・ポスター)増岡宏哉、藤原寛太郎、榎本和生、「Elucidation of Synapse Pruning Mechanism Supporting Brain Development Using Mathematical Model」、NOLTA2019、9191、クアラルンプール、2019年12月
増岡宏哉、後藤晋、「大型計算機を用いた乱流の数値シミュレーョンのため可視化ソフトウェア開発」、『日本機械学会関西学生会2017年度学生員卒業研究発表講演会』、2A23、大阪、2018年3月
増岡宏哉、藤原寛太郎、榎本和生、「Evaluation of the contribution of cerebellar synaptic pruning to motor learning using a mathematical model」、『東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)第2回国際シンポジウム』、東京、2018年12月
増岡宏哉、藤原寛太郎、榎本和生、「A computational model of spike-timing-dependent synaptic pruning in the cerebellar development」、『文部科学省新学術領域研究「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」第3回領域会議』、17、大阪、2018年11月
発表(展示会)ジャパンドローン2018
サービスロボット開発技術展2017
Brighten Up Ventures 2017 社会を変える9つのIoT
他.